今回は office 製品のライセンスルールについて

大きく分類すると、お馴染みの三種類

・PIPC
・FPP
・VL

PIPC はプレインストールの事になるわ
言わば PC 購入時のバンドル製品の office よ

今回は PIPC についてだけど、
Windows OS と同様の考え方になるので単純な解答ね
 買った PC の中でしか使えない
これに尽きるわ

「PC が壊れたから別の PC に移したいんだけど」って、ケースあるけど。。

ダメ!

ライセンス条項に書いちゃってるから、ダメ!
PIPC 移動禁止

ライセンス条項 office 2013 home&business Premium の P.7 付近より
━━━━━━━━━━━以下抜粋部分━━━━━━━━━━━━
1. 「PIPC」。
「PIPC」の表示のあるソフトウェアの場合、
お客様は、本ライセンス条項のすべての条項に従うことを条件として、
1 台のライセンスを取得したコンピューターに
本ソフトウェアの複製 1 部をインストールして実行することができます。
マイクロソフトのソフトウェア ライセンスは、
ライセンスを取得したコンピューターに永続的に割り当てられます
━━━━━━━━━━━以上抜粋部分━━━━━━━━━━━━


Office 365 Solo のライセンス条項にも、追加規約があるので合わせて読んでね
━━━━━━━━━━━以下抜粋部分━━━━━━━━━━━━
お客様が日本国内に居住している場合、または日本国内に居住したときに
Microsoft Office Premium もしくは Office 365 Solo 製品を入手した場合、
本追加契約のすべての条項に従うことを条件として、マイクロソフトは、
ライセンスを取得したデバイス (最初にライセンスを取得したデバイスを含みます) に本ソフトウェアの複製をインストールして実行する以下の権利をマイクロソフトのライセンス許諾の下、お客様に許諾します。
 Office Personal Premium、Office Home & Business Premium、および Office Professional Premium。
(1) Office ソフトウェア。
本ソフトウェアがプレインストールされている 1 台の PC 上で使用できます。
━━━━━━━━━━━以上抜粋部分━━━━━━━━━━━━

そういう事だから

最近の PIPC は永続アップグレード権が付いた、
「Office Premium」が主流だから更に注意が必要なのよ

オフィシャルサイトには色々なメリットが書いてても、
取り違えた解釈をしてしまう恐れがあるわ

「一年間の 365 サービスが付属している」けど
・スカイプの固定電話への無料通話が毎月60分
・android や i os モバイル用 office のフル編集機能もしくは商用での編集機能利用(最大2台)
・ワンドライブが無料の 15GB に 1TB プラスする拡張権利

この 3 つが 1 年間利用できるって意味なのでお間違い無く!!

1 年間更新用の製品があるけど、
これを買わなくても Office アプリケーションはずっと利用できるんだから!

PIPC の office アプリケーションは、
永 続 的 な 資 産 で す (*゚
゚)

Office Premium 更新

そして無期限のアップグレード権利がある
「office Premium」だけど注意点があるわね

別の PC に移管できないから、PC が壊れたら The End よ 

この前 office 2016 がリリースされた(執筆当時)ぐらいでは問題無いけど、
office の 2022 (仮)がリリースされる頃に
 OS 側がシステム要件を満たせるのかって事も注意ね

そして気にしない人は気にしないんだろうけど、
ダウングレードや過去バージョンに戻す事は恐らく出来ないわよ

新バージョンをダウンロードしなければ、
今使ってるバージョンでの継続利用は出来そうだけど……

インストールサイトは最新版のダウンロードイメージしか用意しない仕様かしら

ここ に表記があったんだけどさ・・・
━━━━━━━━━━━以下抜粋部分━━━━━━━━━━━━
再インストールは、マイアカウントページで行います。
マイアカウントページは、Office Premium の初回セットアップが完了すると、自動的に作成されます。
以下の手順は、Office Premium の初回セットアップが完了していることが前提の説明です。

初めにインストール済みの Office Premium をアンインストールしてから開始してください。
Office Premium 搭載 PC にのみ再インストールすることが出来ます。

また、常に最新バージョンの Office Premium が再インストールされます。
━━━━━━━━━━━以上抜粋部分━━━━━━━━━━━━

ダウンロードサイトで配布するバージョン以外は、一切利用できないわよね?

固定バージョンでの利用を望むユーザーは、
 Premium 表記の無い PIPC を選択するのが良いわよ!

余談だけど、
Office Premium は、オフラインインストールや電話認証に対応できないわ
ディスクキット販売とイメージの提供が無い以上、
Office マイページからダウンロードする方法しかないって事よね?

オフライン環境で利用したい企業にも、Office Premium は不向きって事

次回は FPP の Office ライセンスを取り上げるわね
 
 
 
人気ブログランキング