基本的な部分は FPP と同じだけど、
VL 特有のメリットがあるから紹介するわ

まずは VL 全般に言える事だけど ダウングレード権
古いバージョンの物は FPP 在庫を探してもなかなか見付からないわよね?

こんな時に VL の OFFICE を購入すれば、
好きなバージョンに下げて利用できるわ

でも注意点が 2 つあるからよく心得ておきなさい

 ① VLSC (ボリュームライセンスサービスセンター) から提供しているイメージを確認する

 ② システム要件で OS に対応しているか確認する

① については VL の購入をした事が無いとピンと来ないと思うけど、
製品をインストールする為の .exe や .iso のイメージを取得できる【 VLSC 】 ってサイトがあるの

VL を購入するとサイトの URL がメールで飛んでくるから
ココ で「VLSC 初めてガイド」を見ながら利用開始して頂戴

そこで配布しているイメージは 基本的に最新の物と 1 つ前のバージョン までで、
それより古いバージョンに関しては製品ごとにマチマチってのが正直な所ね

2 世代以上前の製品を利用したい場合には、
確認しておくことをオススメするわ

コチラのサイト  の【ダウンロード可能製品リスト】に、
情報を公開してるから!!(当月の情報公開が無い月もある)

配布形式はエクセルシートになっているけど
《 終了予定製品 》の部分もシッカリ目を通しておきなさい
 
次の月に配布を打ち切る可能性もあるわよ!
終了予定製品

そして、みんな大好き 2 台目インストール (゚∀゚)
基本的な部分は 以前の記事 を参照してくれるかしら?

2台目にインストールするためには、主要ユーザー が居ないとだめよ
そして VL 版が FPP 許諾と大きく異なる点は

 2 台目は携帯用端末に限定される って事
 
VL 製品条項にも書いてるわね(2015.10 より P.11 付近抜粋)
11

さらに最近の変更点では Office 2016 リリースが始まった 2015/10 のタイミングで、
言語パックを付けて販売開始になったわね(太っ腹

製品条項 6 ページ付近
offce ランゲージパック

今回はここで終わるけど、
 VL 版 Office その 2 に続くわよ
 
 
 
人気ブログランキング