このライセンスの重要な部分は、決まった期間だけ利用する

サブスクリプションスタイル

一年間の料金を払って契約期間だけ使える物になるわね
オンラインの直接購入では一か月契約も可能になっているわ
 

FPP の箱売りパッケージもあるけど、量販店で販売しているタイプは 1 年間の前払い!

まずはユーザーに紐づくライセンスなので、他人に利用させた時点で違反よ♪


そしてこの製品のメリットは
Windows 版と MAC 版の両方の Office を 2 台の PC で使える!
任意の言語バージョンでインストール出来るってのが大きいわね!

365 Solo

ここ が利用できる端末台数の情報よ
━━━━━━━━━━━以下抜粋部分━━━━━━━━━━━━
2 台の PC または Mac、2 台のタブレット (iPad および Android タブレットを含む)、
および 2 台のスマートフォンで、Office を活用できます
━━━━━━━━━━━以上抜粋部分━━━━━━━━━━━━

 
デメリットはダウングレードが出来ない最新のライセンスの部分って事に加え、
試用版登録とオンライン購入にはクレジットカード(デビットカード)が必須!


そして何よりも気を引き締めてほしいのは、
試用版に登録した後は 自動更新 が ON になってスタートする鬼畜仕様

試用期間の 30 日以内にマイページから自動更新を OFF にしないと、
登録したクレジットカードから引き落としが始まるってばよ(困惑

他には前回の PIPC Office でも説明している 365 オンラインサービス

・ワンドライブ 1TB 拡張
・スカイプ毎月60分の無料通話
・モバイル Office のプレミアム編集機能および商用利用での編集

この機能が契約期間中は利用できるわよ★

PIPC の Office Premium と違って、オンラインサービスだけの更新って概念は無いわ

基本的には1年間もしくは一ヶ月レンタルするようなイメージだから、
そこまで難しく考える物でもないわよね 

ついでに企業ユーザーへの注意点を少し

バックアップメディアの提供は現段階で無いから、
インストールは必ずサイトからのダウンロードになるわ

すなわちオフラインでインストールして電話認証!
みたいな事は完全に 出来ない からね

一度インストールすれば 30 日間はネットを切断しても大丈夫だけど、
それ以降は機能制限がかかるはずだから(365 business と Proplus がそうだから)
月に一度はオンライン環境にするように


人気ブログランキング