今回のお題は System Center 2012 R2 

このライセンスに関しては複雑なので
順番に説明していくわね

最初に最重要事項
「System Center によって、管理される対象にライセンスが必要」

System Center の本体と管理コンソールを
インストールする数じゃないから注意よ!

CAL の考え方と同様ってイメージが分かりやすいかしら?
SystemCenterルール

そしてもう一つ重要事項
「管理対象が Server OS と、クライアント OS でライセンスは全く違う!」

名称も System Center 2012 R2 サーバーマネジメントライセンスと
クライアントマネジメントライセンスって別々の名称になってるわ

※以下マネジメントライセンスを ML と表示するからヨロシクね


【STEP 1】
じゃ、順番に説明していこうかしら
まずはシンプルなライセンスルールの サーバー ML の説明よ
 
サーバー OS を管理するライセンスは 2 種類のみ
Standard と Datacenter なの
 
そしてこの System Center サーバー ML の Standard と Datacenter ルールは
Windows Server 2012 R2 と考え方が一緒 だから
特に難しい事はないわ★
 
System Center 2012 R2 Standard と Datacenter 両方とも
物理筐体ごとに購入するライセンス
サーバー筐体の物理 CPU 2 つまでをライセンス 1 つでカバーできるわよ
 
Standard は仮想マシン 2 台までを 1 ライセンスで管理可能
Datacenter は無制限の仮想マシンを 1 ライセンスで管理可能
 
こんな感じなので Windows Server のルール を理解しているユーザーには
説明するのも申し訳ないぐらいね
 
ちなみに価格差は Standard 3 つで Datacenter 1 ライセンスぐらい の価格差なので
仮想マシン Server OS を 5 台以上管理する場合には Datacenter を選んだ方が便利かも
 
そして 物理筐体ごと にライセンスが必要になるのは Windows Server と一緒
HA 構成をする場合は特に注意
 
物理筐体ごとに分割して管理したい仮想マシンを数えてね
 
管理する仮想マシンの台数を全部足し算するんじゃなくて
物理筐体の上にある管理したい仮想マシンを、個別にカウントするのよ

大体こんなイメージ(Server CPU は 2 だと仮定)
    ↓
System Center サーバー ML




そして冗長構成時の単純な考え方も紹介しとこうかしら
まずは障害発生時の移動前
      ↓

HA SystemCenter 移動前


 障害発生時の移動した後 
       ↓
HA SystemCenter 移動完了後

冗長構成を組む時にどんな設定で
一台の物理筐体にどれだけ仮想マシンが乗ってくるかを
予定して買っておくのよ!!(ライセンス不足に対して MS は厳しいって話だ ヽ(`Д´)ノ
 
Windows Server 2012 もしくは 2012 R2 のライセンスで運用してるなら
Windows Server と System Center サーバー ML のライセンス数が同じ になるはずね
グッド
ちなみにSystem Center 2012 R2 の サーバー ML で利用できる機能はこちら

◦ Configuration Manager
◦ Virtual Machine Manager
◦ Operations Manager
◦ Data Protection Manager
◦ Service Manager
◦ Orchestrator
◦ App Controller
◦ Endpoint Protection

System Center の サーバー ML は
上記の 8 コンポーネントから 1 つを選択するような 個別購入はできない ので
全権利が付いている Standard か Datacenter で選ぶしかない!(他が要らなくても全部で 1 つ



【STEP 2】
はい、次。 クライアント ML について
サーバー OS 以外の OS 管理は基本的にコッチを選択するんで大事な項目なのよね
 
これは体系が複雑なので、まずはライセンスの種類から確認してみよう
 
・Configuration Manager クライアント ML
・Endpoint Protection サブスクリプション
・Client Management Suite クライアント ML
 
上記の 3 つがありまして、コンポーネント内容はこんな感じだ ↓
システムセンタークライアント ML 種類
こちらは System Center で管理される OSE 単位(Endpoint Protection は端末単位)か
端末を使うユーザーごとにライセンス調達が必要なのだよ
 
1 ユーザーが複数台の端末を利用する場合には
ユーザー単位のほうが便利
 
そして 1 台の端末を複数のユーザーで共有している場合には
OSE 単位か端末単位が便利よ
 
これは CAL のデバイスとユーザーの選択方法に類似してるわね
٩( ''ω'' )و
 
OSE 単位の注意点として
デュアルブートやマルチブートで端末内の物理 OS が増えるケースや
クライアント hyper-v 機能などを使って仮想マシンが増えるケースは
管理したい OS の数だけクライアント ML が必要 になるの
 
このような複数の OS を利用するケースや複数の端末を使うユーザーは
ユーザー単位の ML を選択するのが良い かもしれない
VDI のカウント方法は後程紹介するわね
 
 

【STEP 3】
クライアント ML が不要になるケース

まずはボリュームライセンス製品条項を見て頂戴(今回は 2016.04 抜粋)
      ↓
System Center 不要なケース
 
こんな感じで該当項目に合致している場合には免除されるわよ!
 

かいじ許してやろうじゃねーか
LAN ネットワークアダプタやルータを始め
マシンのシステムスイッチなどには購入不要で
ネットワークのエンドポイント端末(ユーザー)に対して ML を買うイメージよね!
 
CAL のマルチプレキシングの概念に近いので
今回の System Center は Windows Server のライセンスルールを御存知なら
非常に理解しやすいかもしれない


【STEP 4】
Configuration Manager による
VDI 環境のクライアント OS の管理
 
これはちょっと複雑なんだけど
Windows OS の ソフトウェアアシュアランスや VDA の考え方と同じよ
 
仮想デスクトップ環境にリモートアクセスする
【 元の端末かユーザー 】に対して 
Configuration Manager クライアント ML を取得しまーす
 
なおかつ SA が有効 な場合に限り
リモートデスクトップで利用する
4 つまでの仮想 クライアント OS を管理できる権利なの
VDI SystemCenter


 ↓ 製品条項にはこんな感じで表記があるわよ
コンフィギュレーションマネージャー VDI
シンクライアントや携帯端末なんかを利用して
仮想デスクトップにアクセスする場合は
 
元の端末や使うユーザーに対して Configuration Manager クライアント ML を買うの
更に SA は必ず継続する必要があるのよね
 
そして System Center のクライアント ML 他の 2 つ
Endpoint Protection と Client Management Suite に関しては、
VDI 利用に関する記載が一切無い!
 
Endpoint Protection はデバイス単位があるので、
仮想デスクトップを乗せる物理筐体(VDI ホストサーバー)分だけで良いんじゃないかしら?
 
Client Management Suite は………。
全仮想デスクトップの分を OSE 単位で購入するか
一番簡単なユーザー ML で買ってしまえって事よね?  ( ゚Д゚)
 
System Center クライアント ML の結論
「ユーザーで買うと迷いは晴れる」
 


【STEP 5】
SQL Server の利用権
 
System Center を買うと SQL Server Standard を無料で利用できます
現在はSystem Center 2012 R2 に最適な SQL Server 2012 Standard を提供しているみたい
 
System Center のバックエンドには SQL Server が必須だけど
わざわざ買わなくてもセットで付けちゃうよっていう太っ腹精神なんだぜ☆
 
サービスサービスゥ
守るべきルールは
「 System Center のバックエンド以外で使うと違反」って事

System Center の付属品扱いだから
通常の SQL として使う場合は普通に買えって事よね
そりゃそうですわよね、うん、至極当然ですわ
(※ ただし普通のデータベースとして SQL を使えないとは言ってない

製品条項記載部分 ↓
SQL テクノロジー


【STEP 6】
共有型クラウドサービスへの持ち込み
まずは以前の ライセンスモビリティの記事 を参照して欲しいわね
 
それじゃここから System Center 2012 R2 の
持ち込みモビリティルールを紹介するから付いてきて頂戴
 
Standard は仮想マシン 2 台までで
DataCenter は仮想マシン 10 台までを 1 ライセンスで管理できるのよ
( ※ 2016.04.30 時点で MS サイト は 8 台とあるが、情報が古い
 
製品条項抜粋部分( 2016.04 時点) ↓
SystemCenter モビリティ
物理 CPU の概念は、共有クラウドサービス利用では度外視する項目よ
どの物理筐体を借りているかはエンドユーザーには判らないから当然だね
 
物理丸ごとの専有サービスとハウジング利用は通常のライセンスルールだから
専有か共有かで全く違うわよ!!
 
クラウドサービスでサーバー運用を検討中ならシッカリ復習しておくように
(*´ェ`*)


System Center のルールは大体こんな感じ
 
ルールが記載されている MS のサイトは以下
情報が古い部分もあるから注意 ʬʬʬ) ↓

https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/products-System-Center-2012-R2-Purchasing.aspx
 
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/v1/buy/licensing-guide/default.aspx#explore-SC2012R2


《あとがき》
Windows Server 2016 ライセンスがコアライセンス化するのに当たって
System Center もコア計算になるんじゃないかしら? 
 
このルール変更があるなら記事の書き直しっすわʬʬ
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
Windows Server 2016 のルールはリリースされたら書きます(きっと


今回も読んでくれてグラッシアス!
また次回
 
 
 
人気ブログランキング